気づき・考え・つなごう 恵み豊かな鹿児島の自然

MENU
HOME生物多様性ってなに?生物多様性とは

生物多様性ってなに?

生物多様性とは

生物多様性って何だろう。

 地球上にはわかっているだけで約175万種もの生き物がいます。さらに、まだわかっていないものをふくめると、3000万種以上の生き物がいるといわれています。

 これらの生き物たちは、森や川、海などいろいろな環境でお互いがバランスを保って生きています。人間もふくめた、たくさんの種類の生き物すべてが、複雑に関わり合って生きていることを「生物多様性」といいます。

 生物多様性には、「生態系の多様性」「種の多様性」「遺伝子の多様性」の、3つのレベルの多様性があるとされています。

生物多様性の3つのレベル

生態系の多様性

 鹿児島市には、森、川、海、草原、街などいろいろな環境があり、それぞれの環境にはその環境にあった生き物がすんでいます。この生き物とそれがすんでいる環境、そしてそれらのつながりのことを生態系といいます。

 「生態系の多様性」とは、森、川、海などいろいろなタイプの生態系があることです。

生態系の多様性01
生態系の多様性02
生態系の多様性03
生態系の多様性04

種の多様性

 錦江湾には、魚やイルカのような動物や海そうのような植物から目には見えないような び生物までいろいろな生き物がすんでいます。そして魚というグループの中にもマダイやキビナゴ、ヒラメなどいろいろな種類がいます。錦江湾にはおよそ1,000種の魚がすんでいます。

 「種の多様性」とは、動物、植物、び生物などいろいろな種類の生き物がいることです。

種(種間)の多様性01
種(種間)の多様性02
種(種間)の多様性03
種(種間)の多様性04

錦江湾の生き物に見る種の多様性の大切さ

錦江湾の魚 たくさんの種類の生き物が一つの生態系ですんでいることは、それらが互いに複雑な関わりを持ち、補い合って生きているということです。

 たとえば、仮に錦江湾にイルカとアジしかすんでいなかったとします。ある年にアジの数が減ってしまったとしたら、アジを食べつくしたときにイルカは餌がなくなり死んでしまうかもしれません。

 しかし、錦江湾にはイワシやサバなどいろいろな魚がすんでおり、仮にアジの数が何らかの影響で減ったとしても、イルカに影響がおよばずにすむでしょう。

 種の多様性が増すことにより、さまざまな環境の変化に耐える力も強くなっていきます。

 実際の自然界のつながりはこのように単純なものではなく、お互いにさまざまなつながりを持ち、複雑な網の目のような関係を作り上げています。網の目が複雑であればあるほど強固な生態系となりますが、一方で絶妙なバランスによってつながりが維持されていることも忘れてはなりません。

遺伝子の多様性

 アサリや、ナミテントウ(テントウムシの種類)は、同じ種類の生き物でも色や模様にちがいがあります。このちがいは、遺伝子のちがいによるものです。

 「遺伝子の多様性」とは、同じ種類の生き物でも遺伝子のちがいによって、色、形、模様などにいろいろな個性があることです。

遺伝子(種内)の多様性01
遺伝子(種内)の多様性02
遺伝子(種内)の多様性03
遺伝子(種内)の多様性04

生き物に個性があるということ

色の違う花 同じ種類の生き物でも、個性という形で、持っている遺伝子の情報が少しずつ異なっています。個性を持つということはその種類の生き物が絶滅しないために必要なことなのです。

 たとえば、逃げ足が速いとか、寒さに強くカゼをひかないというような個性を持ったものがいる集団では、敵に襲われたり、急な気候の変化が起きても全滅することを免れる可能性が高くなります。

 つまり、いろいろな個性のある集団は、今後起こるかもしれないさまざまな環境の変化を乗り越えていける可能性を持っているということになります。

 生き物が安定的にすんでいくためには、遺伝子の多様性を持っていることが必要です。

 また、こういった多様な生き物の個性の中には、ガンなどの病気を治す力があるなど、人間がまだ知らない可能性が秘められています。

 遺伝子の多様性が失われてしまうことは、自然にとっても人間にとっても大きな損失といえるでしょう。

 自然の中には、森、川、海、草原などさまざまな環境があり、それぞれの環境にはその環境あったたくさんの生き物が生きています。このようにいろいろな生き物が、複雑に関わり合って生きていることを「生物多様性」といいます。
 生物多様性は、生態系の多様性(いろいろな環境)、種の多様性(いろいろな生き物)、遺伝子の多様性(いろいろな個性)の3つの視点で考えることが大切です。

お問い合わせ