気づき・考え・つなごう 恵み豊かな鹿児島の自然

MENU
HOME生きもの図鑑スミナガシ

生きもの図鑑

スミナガシ

種類
昆虫類・多足類・クモ類
生息エリア
里山
活動時期
山地から丘陵地の樹林など

山地から丘陵地の樹林に生息する黒紫色のタテハチョウで、羽の周辺部には「>」様の白い模様があり、口吻が深紅であることが特徴です。成虫は5月頃より出現し、秋までに2~3回発生すると言われています。樹液や熟果などに集まるほか、獣類の糞などにも集まります。幼虫はアワブキやミヤマハハソなどを加害します。

住所

生き物カテゴリ

地域

学名
スミナガシ

種類

お問い合わせ